11~20件表示 /70

著者の声

弊社にて実際に本を出版された著者の方々にインタビュー致しました!

幻茸城

著者 山内兄人 様

こだわりの自費出版   今、一粒社で二冊の小説集を作っていただいています。2013年に最初の本をだしていただいてから、今回の二冊をあわせると9冊になります。若い頃から綺麗な本が好きで特定の作家の本を集めておりましたが、自分の本を作りたくなり...

  • [ カテゴリ:小説・エッセイ ]
  • [ 著者の声寄稿者:山内兄人様 ]

筆のすさび

著者 吉沢悠紀子 様

   「筆のすさび」発刊に際して   この度、この四、五年間書きためた身辺雑記を一冊にして「筆のすさび」と題して刊行致しました。今まで生きてきた証として、また喜寿を迎える記念として刊行したものです。  表紙絵の「りんごの花」、飯田地方に咲く...

  • [ カテゴリ:小説・エッセイ ]
  • [ 著者の声寄稿者: ]

今回、自分にとって6冊目の写真集『旅人のオーロラⅡ』を発刊いたしました。 オーロラ写真は、風景や花の写真と比べて、明暗や色の表現がとてもデリケートです。明るくし過ぎるとオーロラに白とびが生じますし、暗くし過ぎると星が見えなくなってしまいます...

  • [ カテゴリ:写真集・画集・絵本 ]
  • [ 著者の声寄稿者:林 靖享様 ]

大坂のべろべろ

著者 今出 洋一 様

この度は私の自費出版に対し、 親身且つ適切なサポートありがとうございました。 自費出版を思い立ち、ネットで業者さんを探して連絡を取っていたのですが、 その2社目に都築会長と直接電話にてお話しできる幸運に恵まれました。  お話しを伺いながら、...

  • [ カテゴリ:小説・エッセイ ]
  • [ 著者の声寄稿者: ]

サラリーマン奮戦記 人間賛歌

著者 土屋 隆弘 様

小説 サラリーマン奮戦記 人間賛歌  古希を迎え、何か記念になることはと考えていました。 書くことはさほど苦にならず、これまでも自伝らしいものを書き留めていました。自費出版を思いつきました。私が輝いていたサラリーマン時代を題材に小説をつくろ...

  • [ カテゴリ:小説・エッセイ ]
  • [ 著者の声寄稿者:著者 土屋隆弘様 ]

努力と誠実に生きる

著者 榊原 七太 様

一部は七太の自分史として書いたもの、二部は妻美智子が入院中の症状というか、七太なりに感じた美智子の様子を日記ふうに毎日パソコンに打ち込んだ。それは美智子が健康をとりもどした時に読んでもらうことが出来たらと思って書いたものである。  はじめは...

  • [ カテゴリ:自分史・趣味 ]
  • [ 著者の声寄稿者:榊原 七太 様(愛知県) ]

先生、次の時間も国語にしよう!

著者 澤田 佳予子 様

この度はたいそうお世話になりました。 表紙がかわいらしいことも大評判です。 多くの同僚の先生方が、 ほしいとおっしゃってくださり、 手に取った先生方からは 「こういうタイプの教育書はこれまでに出合ったことがない。 子どもを育てる学校のあり方...

  • [ カテゴリ:教科書・専門書・研究書 ]
  • [ 著者の声寄稿者:澤田佳予子校長先生(愛知県刈谷市) ]

バスガイド日記 道

著者 余越 智子 様

 私は約三〇年間バスガイドの仕事をして、五〇代になり仕事を辞めた。 その後、平凡な生活に退屈し、朝日カルチャーの文章書きの勉強に入門し、講師の渡辺先生に出会い多くのことを学びました。その時の先生の印象は、歯に衣着せぬものの言い方だった。私は...

  • [ カテゴリ:自分史・趣味 ]
  • [ 著者の声寄稿者:余越 智子 様 ]

時節到来 パートⅡ

著者 石原 知慧美 様

感謝 石原 知慧美  三十年前、私は精神の病気を発病した。その直後、何回も自殺未遂を繰り返した。  それから、長年一番苦しんだことは、自分に何一つできることがなかったことだ。来る日も、来る日も、無為に過ごした。寂しく、辛く、虚しく、悲しかっ...

  • [ カテゴリ:詩集・俳句集・川柳集 ]
  • [ 著者の声寄稿者:石原 知慧美 ]

 私は4つの本を4つの出版社から自費出版しました。その経験から出版社選択のアドバイスをしておきます。 1、出版社が倒産する恐れのないこと。一粒社は創業60年余です。 2、著名な出版社関連の自費出版会社は高額(一粒社の倍以上)、で完成時期も4...

  • [ カテゴリ:教科書・専門書・研究書 ]
  • [ 著者の声寄稿者:福永 宣道 様(東京都) ]

11~20件表示 /70

  • お見積り
  • 価格表