51~60件表示 /69

著者の声

弊社にて実際に本を出版された著者の方々にインタビュー致しました!

ALASKA Hiking Anchorage付近入門編

著者 越村 孝昭 様

このたびはお世話になりました。 自費出版は2度目でした。前回は最初ということもあり、値段、部数、印刷とも満足できるものではありませんでした。 ただ自分がたくさん貯めていた記録を、出版したかったのでした。 今回は違います、ガイドブックには載ら...

  • [ カテゴリ:自分史・趣味 ]
  • [ 著者の声寄稿者:越村 孝昭(神奈川県) ]

私の空手道

著者 玉城 茂盛 様

「空手修業の結果を一冊の本にまとめてみたい」 この思いから自費出版を考えました。思い立ったが吉日、すぐさま出版社選びにかかりました。  数社の中から経費の安さ、創業60年という実績から一粒社に白羽の矢を立てました。とはいっても、これらの情報...

  • [ カテゴリ:自分史・趣味 ]
  • [ 著者の声寄稿者:玉城 茂盛(三重県) ]

箱根山随想

著者 菅井 清登 様

定年退職して10年、折々に文章を書き綴ってきた。そこで2013年1月、自費出版の検討を始める。記念となる本にしたいので、上製本・カバー・口絵・花切れなど、良い本の条件は出来るだけ揃えたい。近くで開催されていたブックフェア―をのぞき、作りたい...

  • [ カテゴリ:自分史・趣味 ]
  • [ 著者の声寄稿者:菅井 清登 (神奈川県) ]

この度、写真集「三重バレエ・生浦マリ子の思い出」を自費出版させていただきました。生浦マリ子は私の叔母で、昭和26年三重県津市に三重バレエ団を結成して児童生徒を育成し、平成6年までに56回の公演を行ってきました。平成11年に亡くなりましたが、...

  • [ カテゴリ:自分史・趣味 ]
  • [ 著者の声寄稿者:生浦 京子(愛知県) ]

還暦の記念にと、稚拙極まりない文章を一筆暴れて書いてみよう・・・と思い立ち、本職であるフルートと鍵盤楽器のキーボードからパソコンのキーボードへと180度転換して書き綴った「物言い本」が完成いたしました。   嘉永生まれの曾祖父と、明治生まれ...

  • [ カテゴリ:自分史・趣味 ]
  • [ 著者の声寄稿者:山本 俊自(東京都) ]

結婚50年を迎えた昨年、これまで書いてきたものの中から、一冊の本にまとめようと思い立ち、費用を調べましたが、年金生活者にとってはどこも高すぎました。あきらめかけていたとき、ネットで一粒社にであい、メールで見積もりをお願いしたところすぐに返事...

  • [ カテゴリ:自分史・趣味 ]
  • [ 著者の声寄稿者:浅利 勝美・正(千葉県) ]

浅利悦子 川柳句集 春の雪

著者 浅利 悦子 様

ささやかな、私小説とも言える句集を発刊いたしました。 薄い冊子なのに幾度もの校正のやり直し。 親身に対応して頂いた一粒社様には感謝申し上げます。 「さくらのカバーもタイトルの『春の雪』も良かった」と、読んでいただいた多くの方々からお褒めの言...

  • [ カテゴリ:詩集・俳句集・川柳集 ]
  • [ 著者の声寄稿者:浅利 悦子(愛知県) ]

 私は現在80歳。これまでちょこちょこ書いてきたものを本にして残そうと思いました。原稿を整理するとB6判301ページになりました。しかし息子や友人たちに配るには、せいぜい30冊あれば十分です。30冊などいう印刷は、かつては印刷所が引き受けて...

  • [ カテゴリ:自分史・趣味 ]
  • [ 著者の声寄稿者:弓削 信夫 (福岡県) ]

句集 森のことば

著者 南出 好史 様

「束の間の生のあかしか句を拾う」 私が句集を作ろうと思った理由は右の俳句の とおりです。なるべく安価に仕上げたいとい う希望があったために、インターネットを通 して何件か業者をあたってみました。それら の中で一粒社を選んだのは、ホームページ...

  • [ カテゴリ:詩集・俳句集・川柳集 ]
  • [ 著者の声寄稿者:南出 好史(福岡県) ]

喜寿のままごと

著者 吉濱 満寿 様

 喜寿を契機にエッセイ書きに挑戦する。ところが、翌年白内障の手術をする羽目になった。「折角、意欲が湧いたのに」とガッカリしたが、案ずることなく手術が成功したものだから、エィ、ヤッと自分史作りに取り組む。 手をつけた以上は挫折したくない一心で...

  • [ カテゴリ:小説・エッセイ ]
  • [ 著者の声寄稿者:吉濱 満寿(愛知県) ]

51~60件表示 /69

  • お見積り
  • 価格表